受験を終えて感じたこと④ 立花編 | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2017年 2月 5日 受験を終えて感じたこと④ 立花編

皆さん!

こんにちは!

立花です。

 

2月に突入しましたね。

 

いよいよ本格的に受験がスタートしました。

 

私が通う、法政大学も今日から統一日程が始まります。

その他にも、上智大学、明治大学、東京理科大学、

昭和女子大学等も今日は入試日のため、

多くの受験生が

受験に行っています。

 

 

というわけで、今日は校舎がいつもより

ちょっぴり寂しいです!

私も時計を見ながら、

今頃、試験始まったかな…

今頃、お昼かな…

なんて、そわそわしながら勤務にあたっています!

 

 

とにかく、一日一日

全力で戦ってきて欲しいです!!

 

 

さて、今日のテーマは

受験を終えて感じたこと

ですね。

 

 

私も受験を終えて、早2年(笑)。

 

ですが、今でも受験期の記憶は

他の記憶よりも鮮明に残っています!

 

それだけ、濃い時間を過ごしていたということですね。

 

 

私自身、第一志望に合格したというわけではありませんでしたが、

受験を終えての達成感は何ものにも

代えがたかったです。

 

 

自分の人生を振り返っても、これほど根気強く

取り組んできたことは部活ぐらいしかありませんでした。

 

 

それに、勉強は自分の中で、かなり苦手意識が強かった

ので、逃げずに立ち向かえたことに対する

喜びは大きかったです。

 

 

もちろん、これだけ頑張ったのに第一志望に受からなかったという

ショックもありましたが、

きっと、受かった大学が、

私にとって一番あっているはずだ!

というよく分からない自信がありました笑。

 

 

最大限の努力をすれば、

自分にとって

一番の道がついてきます。

 

 

 

私が受験を通して、一番強く感じたことです。

 

思い通りに結果がついてこないことも、

受験では珍しくありません。

 

苦しいことも、まだまだ続きます。

受験は始まったばかりです。

 

ですが!

 

皆さんに必ず、春はやってきます。

 

今が、人生で一番

歯を食いしばるべき瞬間です。

 

私達は応援することしか出来ませんが、

皆さんのことを誰よりも応援しています!!

 

全員が素敵な春を迎える

ことが出来ますように!!

 

頑張れ!受験生!

 

 

 

以上、立花でした。

☆特別公開授業 お申込開始☆

☆新年度特別招待講習 お申込み開始☆

☆その他お申込はこちらから☆