模試を受けた後の過ごし方 堀川編 | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2017年 8月 13日 模試を受けた後の過ごし方 堀川編

 

こんにちは!!堀川です。

今日豊洲校では3.5回本番レベル模試を実施しています。

今回は『3.5回模試』についてです。

8月27日に行われる8月センター本番レベル模試まで週間と迫ってきました。

現役時代の私はこの時期「残り2週間だけど今の勉強のままで8月模試で目標点がとれるのかな」と思っていました。

いま思うと大事なテストの2週間前で焦る気持ちもありましたが、夏休みで1日中東進にいるという環境に慣れ過ぎて気持ちが緩んでいたと思います。

しかしこの3.5回模試で6月模試から点数がほとんどのびておらず、1日中東進にいるから勉強している気になっていただけで実際集中している時間は少なかったということに気付きました。

8月センターレベル模試までの間は3.5回模試で間違えたところに重点を置いてその分野の受講を見直したり

大門別で似たような問題をさがして解いたりして2週間を過ごしました。

その時一番利用したコンテンツは『数学計算演習』です。

センターレベルの数学も難しく感じていて、実際何から手をつけたらいいか分からなくて、でも2週間しかなくて、と焦っていたとき長い間やっていなかった数学計算演習をやろうと思いました。

数学計算演習は分野別に分かれていて苦手な分野だけ演習するということが可能です。

ほんとに基礎の部分から問題が構成されているので、早く、スピーディーに総復習することが出来ます。

数学計算演習で基礎を定着させてから大門別などでアウトプットすることでどの時点から手が止まるのかなどが正確にわかり数学頑張ろう!!!と思いました。

夏休み残すところ2週間です!!

夏以降の勉強にスムーズに入れるように今ほんとに頑張るべきです。

!!体調管理はしっかりして頑張りましょう!!

☆お申込はこちらから☆

  

 

過去の記事