過去問演習 後藤編 | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2017年 9月 20日 過去問演習 後藤編

 

こんにちは!後藤です(*^_^*)

受験生の皆さん、勝負の9月も、もう20日ですね!!ちゃんと夏休みにやり残したこと、消化できていますか?

 

さて、今日は過去問演習についてです!まだ、演習を進めるペースと量がイマイチわかっていない人も多いんじゃないかなと思います。

ひとによって違うとは思いますが、私の去年の演習量は、

第一志望 10年分×3

第二志望 10年分×2.5

第三志望 10年分×2.5

私は、早稲田志望だったので、早稲田の対策を手厚くやりました。他はほとんど解いてません。。

私は、国語と日本史が壊滅的だったので、12月まで、その2科目はインプットを中心にやっていたので、

早稲田以外の過去問は他の人よりも演習できませんでした。

演習量の理想としては、

第1~3志望くらいまでは10年分×2~3

第4~6志望くらいまでを7×2

くらいできると、やっぱり安心ですね!併願校もしっかり演習して、おさえておいたほうが、

第一志望の受験の時も、安心して受けられると思います。

これだけやるとなったら、相当な時間が必要。

例えば、早稲田大学国際教養学部が第一志望だったとして、

英語を一年分演習するのに、どれくらい時間がかかると思いますか?

まず、筆記は90分リスニングで約30分

そのあと復習に、一周目だと、大問1・2の長文問題に、約三時間

要約と英作文に約三時間リスニングに一時間半

英語一年分演習するだけで、9.5時間くらいは最低でも要します。

さらに過去問演習講座を取っている人は解説授業もみると思うので、復習に倍は時間がかかると思います。

今の時期は普通に学校もあるから、東進にいる時間は限られてしまうので、

学校にいる時間も家にいる時間も有効活用していかないと、1科目演習するだけで3日くらい使ってしまうと思います。

大体、受験本番まで、約130日。でもセンター対策のことも考えると、

志望校対策にさける時間は、約100日しかありません。そのなかで全ての志望校の過去問を演習して、

インプットもしなくてはならないろ考えると、時間って全然足りません。

まだ、ここから半年の計画が立っていない人、本当に焦りましょう。

ここからは、一日一日、計画通りに勉強を進められるかがカギだと思います。

今からでもいいので、出来ていない人は早急に、過去問演習の予定を立てましょう!!

 

以上、後藤でした(*^_^*)

 

 

☆お申込はこちらから☆