音読の仕方 森田編 | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

2017年 10月 9日 音読の仕方 森田編

こんにちは!森田です!

10月に入ってもう完全に秋!って感じになってきましたね。

去年のこの時期にはもう私服を着る機会がほぼなかったので、秋服や冬服がなくて衣替えが大変です。。

さて、それでは本題に入ろうと思います。

今日のテーマは

「音読の仕方」

です

なぜこのテーマを選んだかというと、私自身が音読で点数を爆上げしたからです。

最近、英語の勉強法として音読が薦められるようになってきましたね。

チャレンジしてみた人もいるのでは???

でも実際やってみるとただ読んでいるだけで全く効果が感じられなくて長続きしなかった人も多いんじゃないかと思います。

実は音読はすればいいというわけではなく、正しいやり方があるんです!!!

正しい方法で音読をすれば誰でも成績を上げることができます!

それでは!

わたしが実践していた安河内哲也先生の音読法を紹介したいと思います。

まず用意して欲しいものは、しっかりと復習した英語の長文とその文章の音声です

わたしはCDつきの参考書を使用していました!

①リピーティング

言葉の通り、まず英文をリピートします。1度間違った発音を覚えると直すのが大変です。

ネイティブの発音をよーく聴いて真似しましょう!!

文節ごとに読むのがいいでしょう。慣れてきたら文字をみないで音読してみましょう!

②サイト・トランスレーション

ここでは、目で英文を見て日本語に訳しながら読んでいきます。

文節ごとに区切って英語、日本語、次の文節の英語、日本語というように読み進めましょう!

これをやると、意味をとるのがうまくなります。

③オーバーラッピング

ネイティブの音声にかぶせて英文を読みましょう。オーバーラッピングの利点は発音やイントネーションがよくなることです。

欠点は、意味を考えながらやらないと棒読みになってしまう点です。

この3点は一部のやり方ですがやってみる価値は絶対にあると思います!

長文を勉強したあとにきいてわかるようになれば成績が上がらないはずがありません!

それでは、安河内先生の名言で締めたいと思います。

 

 

 

安河内哲也 音読 に対する画像結果

以上、森田でした

☆お申込はこちらから☆

  

 

 

☆全国統一高校生テストお申込みはこちらから☆