わたしが受験生になったとき 立花編 | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2015年 3月 19日 わたしが受験生になったとき 立花編

みなさん、こんにちは!!

立花です!

だんだん暖かくなってきましたね。私は昨日、高校を卒業しました!

やっと大学生になれるんだな~と実感しています。

 

そんなことはさておき!!今日は私が受験生になったときについてお話させていただきます!

私は高校一年生の秋から東進に入塾し、受講やマスターは進めていたものの、本当に受験生になれたんだな~!

と実感しだしたのは、部活を引退した高校三年生の四月でした。

受験期が近づいてきても、よく勉強したな!とか、努力してる!と自分で感じることができるようになるまで、自分が受験生になれたと思うことがなかなかできませんでした。

きっと、みなさんも同じだと思います。

引退して、東進で勉強する時間がいっきにのび勉強でクタクタになるという今までに体感したことがなかった感覚を味わった時、本当に験生になることができたな!と感じることができました。

昨日の大澤さんみたいに、マスターを完全習得する!など、なにかを達成することも受験生になったと感じることにつながるかもしれませんね。

きっかけはいろいろあるとおもいますが、共通するのは、やはり、受験生にならねば!受験生らしくならねば!という意識です!

 受験は早く意識したもんがち!

私はそう思ってます。

新学期になる前に、まだ意識が変わってないそこの君!!!!!

今がチャンスだと思いませんか??

そんな君にステキなお知らせです。

23日夜から24日朝にかけて豊洲校にて塾内合宿を行います!

私も参加する予定です!皆さんのやる気のきっかけづくりを目指して頑張りますので、ぜひ、参加してくださいね!

それでは、今日はこのへんで!

明日も頑張りましょう!!