勉強と通ずるもの | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2014年 2月 22日 勉強と通ずるもの

こんにちは!東進ハイスクール豊洲校の土屋です!!

久しぶりのブログ登場です!みなさん調子はいかがですか?

受験生は合格発表が続く日々で、いろいろ考えることが多いですがどうでしょう?

今回は、自分がふと思った「勉強と通ずるもの」を紹介して、ぜひ皆さんに考えてほしいなと思いました!

一昨日未明からにフィギュアスケート女子シングル女子がありましたね!

ロシアのアデリーナ・ソトニコワ選手が見事自己ベスト点数を更新し優勝しましたね!!

今回はそこではなく、浅田真央選手の演技についてです!!

一昨日未明にショートプログラム最終30番滑走で登場した浅田選手。自分は彼女の様子を見て「とても緊張しているな・・、身体上手く動くかな」と思いました。

結果はショートプログラムで16位、、3つのジャンプ要素全て回転不足という結果で出遅れてしまった時に、

浅田選手は、「トリプルアクセルで転倒したときにいつもの自分とは違った。何でこうなったのか自分でもわからない。」と演技後インタビューで答えていました。

ここでなにが勉強と関係があるのかというと、、、

本番(試験)で実力を出し切るメンタルが大切。だと土屋は感じました。

浅田選手の前のソトニコワ選手の演技でヒートアップした観客の雰囲気やラッパを鳴されてしまうなどの影響で変に緊張してしまったという声もあります。

どんな状況下でも実力を出し、最高のパフォーマンスをするということは、大学受験本番のフィールドで実力を発揮することと一緒だと思います!

試験の際に、隣の受験者のページをめくる音がうるさいことや、貧乏ゆすりが気になっても緊張を力にかえてほしいと思っています!

 

浅田選手はフリースケーティングでは改心の演技を魅せましたね!

いやー、土屋も感動しました!!

ということで、どんなプレッシャー下でも力を発揮できるよう、日々納得する勉強をしましょう!!

では!

最新記事一覧

過去の記事