志望校別 単元ジャンル演習の活用法 | 東進ハイスクール 豊洲校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 9月 13日 志望校別 単元ジャンル演習の活用法

こんにちは豊洲校担任助手の西口です!

文化祭の季節になってきましたが

皆さん勉強の進捗はいかがでしょうか?

遊びや学校行事だけでなく勉強もぬかりなく

やりましょう。

さて、今回は志望校別単元ジャンル演習の活用法について

お話ししたいと思います。

この時期になると高3東進生の皆さんは

単元ジャンル演習を始める時期だと思います。

単元ジャンル演習は今までの模試の結果などの

データからAIが自動で苦手分野、すなわち

伸びしろが大きい単元を出題してくれる教材です。

この教材は短期的に少しだけ手を付けるものではなく

最後までやり抜くことが大事です。

過去の傾向として、GMARCHレベルの

最低ライン合格者はおおよそ600問程度、

早慶レベルとなると800~1000問程度こなしているようです。

特に共通テストを終えた後、国公立二次や私大の試験日まで

の間やるべき教材に迷うことなく勉強することが出来ます。

今から直前期までの数か月間、苦手分野を集中的に

勉強することでより効率よく点数アップを狙いましょう!