大学の受験方式について知ろう! | 東進ハイスクール 豊洲校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2021年 8月 30日 大学の受験方式について知ろう!

こんにちは!

豊洲校担任助手の吉野です。

8月も残すところあと1日です。

受験生は秋以降、併願校対策にも力を入れていくことになります。

また、高1・2年生も、本格的に志望校を決定していく時期に入ると思います。

そこで、今回は、

大学の受験方式について少し紹介しようと思います。

まず、入試の種類として、

1.総合型選抜

2.学校推薦型選抜

3.一般選抜

の三種類があります。

総合型選抜とは、大学が求める人物像に合致する人物を選抜するための入試です。

出願時期の目安は9月からです。

この総合型選抜は高校からの推薦が必要ないため、

条件を満たせば誰でも出願可能です。

学校推薦型選抜とは、高校での成績や取り組みをもとに、

受験生の意欲や個性を測る入試です。

出願時期の目安は10月からです。

最後に、一般選抜です。

これは、各大学独自の問題で合否を決定するものです。

一般選抜の中にも様々な方式があり、

国公立大学の場合、共通テスト(5教科7科目)+二次試験が多いです。

私立大学の場合、個別選抜(3教科型、少数科目型)、共通テスト利用型、共通テスト併用型など

様々な形式があります。

たくさんの受験方式があることは分かっていただけたでしょうか。

受験生の皆さんは、これから、実際に受験する大学や学部を最終決定し、

さらに、受験方式も決めていきます。

複雑で、決めかねることも多いと思います。

ぜひ、東進の担任や、助手に相談してください。

低学年の皆さんは、ぜひ、自分で様々な大学の受験方式について調べてみましょう。

1年半後、2年半後に待ち受ける

入試本番のイメージがよりリアルに見えてくると思います。

ぜひ、自分に合った受験方式を選び、合格を掴み取ってほしいと思います。

以上、吉野でした!