学部紹介④太田編 | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2014年 11月 11日 学部紹介④太田編

こんにちは、太田です!

いろんな人の学部について生の声を聞くことができて、ワクワクしますね(^-^)

 

さて、本日は、今までと一風変わって、理系学部の話をしようと思います!

私は現在、東京工業大学工学部第6類に通っています!

第6類では、建築土木工学について主に学ぶことができます!

なぜ私が第6類を選んだかというと、建築を学びたかったからです。

 

ここで、先輩などから聞いた話になりますが、建築学科について説明をしようと思います。

 

建築学科は、普通の工学部の学科と違い、唯一「工学科」という名前がついていません。

これは、建築学が単なる“工学”ではなく、「学術」「技術」「芸術」を三位一体としているからです。

 

建築学科というと、みんなが建築家になるような気もしますが、実はそうではありません!!

もちろん意匠を学んで設計をする人もいますが、中には構造・計画・歴史などを学ぶ人もいます。

なので、自分は設計をする自信がないなーという方でも、安心して建築学科に進学することができます(^O^)♪

 

ところで、建築学科はとても忙しい…と聞いたことがあるかもしれません。

たしかに建築学科は、課題にとても時間がかかるので、大学に関わらずとても忙しいです。

設計の課題といっても、周囲の建物や環境によって構造や外観を考えなければいけませんし、耐震も考えなければなりませんし、プレゼンもしなければいけません。

しかし、バイトやサークルをやっている人もいますし、大変だからこそ学科の仲間と仲良くなれたり、達成感を得ることがとても大きいです!

 

この間、建築会社の方に話を聞く機会がありましたが、そこでは文系の方を含め多くの方が関わっていました。

一つの建物を建てるだけなのに、こんなにも規模の大きなことなのだと思いました。

建築の仕事は、「地図に残る仕事」というように、とても大事な仕事です。

しかし、「大きな仕事がしたい!」とか、「将来に残る仕事がしたい!」という方は、建築についても考えてみてはいかがでしょうか(*^_^*)

 

 豊洲校には、まだまだいろいろな学部に通っている担任助手がいます!

ぜひ校舎に足を運んでみてください(^O^)/