担任助手として一年を通して。最後に。 | 東進ハイスクール 豊洲校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 4月 28日 担任助手として一年を通して。最後に。

こんにちは!

担任助手の岡本梨花です!

 

24日の共通テスト模試が終わり、

GWが間近に迫ろうとしています。

HRも行われ、

勉強に対する意識が高まっているだろうと思います!

 

 

そして私個人のお話をするのですが、

4月をもって豊洲校の担任助手を卒業することになりました。

今日4月28日

最後のブログ担当の日で、

最後の校舎での勤務の日で、

最後のグループミーティングの日になります。

 

私は生徒として約2年、担任助手として1年間

豊洲校に通い続けてきました。

 

私が担任助手になったのは

受験期を支えてくれた担任助手という存在に憧れを抱き、

また受験に挑む生徒を支える存在になれるという理由からです。

 

最初は自分に自信がなく、毎日不安を感じながら仕事をしていました。

 

しかし、この1年間

沢山の素敵な方々に支えてもらい

ここまでやってくることが出来ました。

本当にありがとうございました。

最後に、これから受験を迎える生徒にむけて、

拙いですがメッセージを送ろうと思います。

 これは私自身が受験生の時に何度も励まされていた言葉(法則)です。

「人生の結果=考え方×熱意×能力」

一見ちっぽけに見えるかもしれませんが、

これから控える大学受験を迎える人にとって重要だと思います。

勉強に行き詰まった、

もしくはやる気が起きない時、

まず何をするか。

それは、遊ぶことでもヤケになることでもなく、

原点に帰ることです。

まず、自分の今の位置を見極めてどの様に過ごせば

合格が見えて来るかをかんがえる。

 

がむしゃらに取り組んでいる中で、何かしらの壁にぶつかる。

ぶつかってから、自分の欠点や足りないものを見つけていき、

時間をかけて何度も潰していく。

 

長い時間潰していくことで、能力が上がっていく。

 

この繰り返しで、勉強は成り立っています。

 

この時間を1分でも1秒でも長くかけることができた人が、

晴れて第一志望校に合格します。

今の自分を振り返ってみてください。

今しなければいけない事は何ですか。

まずは諦めずに現実を見つめて、

何が出来るかを考えてみて下さい。

そしてもう一つ大事なのが、

周りの人に頼る事です。

受験は個人の能力で合格を勝ち取りますが、

それには失敗がつきもの。

人は何度も失敗して成長していきます。

頼る事は恥ずかしいことではないです。

友達、家族、先生。身近にいるはずです。

人の力を借りて、成長していきましょう。

最後に。

私自身は 東進から離れますが、生徒の皆さんをずっと応援しています。

今までありがとうございました!!

 

岡本梨花

 

過去の記事