最後に伝えたいこと(椎名) | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2021年 4月 18日 最後に伝えたいこと(椎名)

こんにちは。担任助手の椎名です。

4月も中盤になり少しずつ新しい生活にも

慣れてきたでしょうか。

私も大学三年生になり、

今年は少し大学のキャンパスに通える

学生生活になるので嬉しいです。

新年度はまだ始まったばかりですが、

私の東進での生活はもう終わりに近づいています。

そこで本日はみなさんに

最後に伝えたいこと

をお話しようと思います。

私からみなさんに伝えたい事は

「何事も早く始めること!」です。

特に受験勉強においては

早期スタートが成功の鍵となっています。

だからこそ低学年のうちから頑張っておいた方がいい

というのは皆さんもよく知っている話だと思います。

しかし

私が今回伝えたいのはそういうことではなく、

受験から一番遠いのは

常に今であるという事です。

今を逃したらどんどん受験に時間は近づいていってしまいます。

だから

いつでも始めるタイミングは今が最適である

ということです。

もっと前から始めていれば良かったという後悔は誰もがしがちですが、

そう思っている間に始めてほしいです。

そして

今、あまり頑張れていないと自分で感じている人へ

最後に私が受験生のときに持っていた

考え方をお話しようと思います。

私は受験生になってからまともに勉強を始めました。

それまでは部活しか頑張っていない高校生でした。

それがしっかりと高3になってから響いており、

もう頑張っても無理かもと思ったこともありました。

今更過去に戻ってやり直す事はできない。

今のままだったら確実に自分は落ちる。

それは分かっていました。

だから、逆に

受験に落ちる自分

を想像してみました。

すると残念な事に

いとも簡単にその自分の姿が目に見えました。

でもそこで

自分は1回受験に失敗した

ことにして、

だけどなんらかの奇跡

今ここに戻ってこられたと考えるようにしました。

自分が受験に失敗したら、

ああすればよかった、こうすればよかった。

という事がたくさん浮かんでくるはずです。

私はその後悔を

本当の後悔にならないようにできることを全力でやろう。

と頑張ることができた気がします。

落ちた自分を想像するというのは

大々的にはオススメできませんが

もし私と同じような気持ちを

抱えている人がいたらやってみて下さい!

 

最後になりましたが、

生徒としては約二年間、

担任助手としても約二年間、

計四年間もの間、東進にはお世話になりました。

ありがとうございました。

 

みなさんに会える機会は減ってしまいますが、

みなさんの人生が実りある素晴らしいものでありますように。

これからもずっと応援しています。

それではいつかまた会う日まで!!!

以上、椎名でした。