模試の復習の仕方について | 東進ハイスクール 豊洲校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2021年 12月 13日 模試の復習の仕方について

こんにちは!

担任助手の岡本です。

 先日12日は、共通テスト本番レベル模試でしたね!
特に受験生は、緊張していたと思います。
でも、結果が良かれ悪かれ、やらなければいけないことがあります。

解き直しです。
受験生の皆は解き直ししていると思いますが、
低学年の皆さんは、模試から帰ってきた後、きちんと復習していますか???

こう聞かれた時自分なりのやり方を
きちんと言える人はどのくらいいるでしょう。

答えられなかった人は
これから自分なりのやり方を
見つけてみましょう!!

模試を重ねていくうちに
自分に合っている
復習法が見つかると思います。

例として、
受験期の時の私の模試の復習の仕方を
紹介したいと思います!

まず自己採点をするのは絶対に当日中!
特に今回の模試など、試験終了時刻が遅い模試は、次の日の朝にやっていました。
そしてモチベを上げるために、好きな教科からやっている人が多いと思いますが、私は逆に苦手な教科から取り組んでいました。
なぜなら、
①苦手な部分をいち早く見つけるため
②嫌な事を終わらせるため
です。
また、この解き直しは帳票が返ってくるまでには終わらせるようにしていました。

自分なりの工夫として、
私は復習ノートを作らずに、
問題用紙にそのまま書き込むか、
ルーズリーフに書いていました。

なぜなら、
ノートを作る手間(あと丁寧に書こうという意思)を省けると思ったからです。

わざわざ丁寧に書く必要は全くありません。
自分だけが分かるように、
何につまずいたのかを書き留めておくだけです。

それだけで、次回の模試の手応えや、模試に対する気持ちが変わってくると思います。

この復習法は、
あくまでも一例として見ていただけたらなと思います。

 復習法が確立しているけど
これで本当にいいのか
という疑問を持っている人や、
自分にどんな方法があっているか
分からないという人など、
ぜひ気軽に相談しに来てください!

 以上岡本でした!!