私が東進に入塾したきっかけ | 東進ハイスクール 豊洲校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2021年 10月 14日 私が東進に入塾したきっかけ

こんにちは!

豊洲校担任助手の吉野です。

最近肌寒い気候が続き、

いよいよ冬に近づいたのを実感します、、。

共通テスト本番まで残り94日です。

受験生の皆さんはとても焦る時期で、

精神的にも辛い日々だと思いますが、

そんな時こそ一日のやるべきことをリスト化して、

頭の中をスッキリさせてから勉強に取り掛かりましょう。

今不安に思っていることを紙などに書き出して、

東進の担任や担任助手、学校の先生などに相談してみるのも

お勧めです。

さて、今回は、私が東進に入塾したきっかけについて書きたいと思います。

私が東進に入塾した時期は、

高校二年生の夏です。

学校でも進路説明会や先輩の合格体験談などが行われ、

受験を意識し始めた時期でした。

そんな中で東進の夏期講習に申込み、

体験前の面談で、

受験において合格率を左右するのは、

実は高校二年生の一月に行われる、

共通テスト同日受験の結果であることを知らされました。

受験勉強は高校三年生になってから、

本格的に始めるものだと思っていたその時の私は、

とても衝撃を受けたのを覚えています。

高校二年生の夏から始めても遅いくらいなんだ、、

と焦り、東進に入塾を決めました。

受験勉強は始めるのが早ければ早いほど、

良い結果に結びつくのは誰もが理解できることだと思います。

ただ、それを実行する人としない人がいるのが現実です。

東進では、なぜ共通テスト同日受験の点数が合否を左右するのか、

実際にどういったことを勉強していけばよいのか

過去の先輩のデータ等を用いて、

説明しています。

勉強のやる気に火が付くこと間違いなしです!

豊洲校でお待ちしております!