記憶の定着について 高橋編 | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2016年 6月 17日 記憶の定着について 高橋編

 

こんにちは~!!!高橋です\(^o^)/

 

一昨日大学の中間試験が一通り終わり、ほっとしているところです ☺

 

大学ではすべての科目で中間試験があるわけではないですが、

 

中間試験があった科目に関しては良い復習となり良かったです!!

 

期末では高校時代履修していなかった生物系の科目が数個あるので、

 

今から復習がんばります!!

 

みなさんも受講の復習がんばりましょー!!!

 

はい、では本題に入ります。

 

今日は「記憶の定着」についてお話ししたいと思います!

 

記憶は、受験勉強においても全てのもとになり、とても重要ですよね!!☆

 

先日大学の授業で、記憶には3種類あることを学びました。

 

①短期記憶 1分間

②中期記憶 1時間~数ヶ月

③長期記憶 数年~生涯

 

の、3つなのですが….

 

全て長期記憶になればいいと思いますよね!!(^o^)

 

どのような事柄が長期記憶になるかというと….

 

頻繁に呼び起される記憶だと、脳が重要だと判断し長期記憶へと変わるのです!!

 

つまり受験勉強も繰り返しが1番重要ですね!!

 

また、理解度が低い事柄だと長期記憶へとつながりにくいので、

 

概念理解も怠らないようにしていきましょう!!☆

 

わたしが受験期の頃実践していたのは、

 

暗記系は寝る前にし、青ペンで書きながら覚えていました!

 

青色は暗記に効果的らしいです\(^o^)/

 

友だちでも青ペンを使っている子は多かったです!!

 

個人差はあると思いますが、皆さん実践してみてください!!

 

以上 高橋でした☆

 

 

☆夏期特別招待講習☆

 

お申し込み開始!

 

☆今なら4講座無料7月12日まで☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆その他 お申込はこちらから☆