買収劇の裏で・・・ | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2014年 10月 12日 買収劇の裏で・・・

こんにちは。久しぶりの投稿となります、大澤です。

最近気になる話題といえば、ローソン成城石井を買収しましたね。

この裏にいるのは丸の内キャピタルというベンチャーキャピタルです。

ベンチャーキャピタルとはいったいなんでしょうか?

 

ローソンはコンビニ業界第2位の大手ですが、ブランド力のある成城石井を丸の内キャピタルから買収することでその相乗効果を期待しているみたいです。

いままで、成城石井の経営権丸の内キャピタルが握っていたのですが、売却することを決定したようです。

ここで、成城石井は業績が落ちたから丸の内キャピタルが手放したということではなく、業績が好調で旬なうちに売却して利益を得ようとしていたことが重要です。

つまりベンチャーキャピタルというのは安いうちに企業を買収し、経営を改善して業績がよくなり価値が高くなったら売り払うことで利益を得ています。

ニュースでは「ローソンが成城石井を買収」程度のことしか書かれていないことも多いですが、どこから買収したのかどういう経緯でその結果に至ったのかを考えてみるとニュースも一層面白くなると思うので、ぜひ考えてみてください。

 

10/26実施の全国統一高校生テストお申し込みまだまだ受付中です!

センター試験本番さながらの東進模試を無料で受験できる一年に一回の大チャンスをお見逃しなく!