過去問演習ノートの作り方 | 東進ハイスクール 豊洲校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2021年 8月 23日 過去問演習ノートの作り方

こんにちは!担任助手の堀江です。

昨日は共通テスト本番レベル模試でしたね。

実力は発揮できたでしょうか。

思うようにいかなかった人もいった人も結果を受け止め

しっかり復習して、次に向けて頑張りましょう!

さて、受験生は過去問に取り組んでいる最中だと思います。

今となっては少し遅いかもしれませんが、

過去問演習ノートは作っているでしょうか。

校舎のラックに入っている過去問分析シート

活用できているでしょうか。

もちろん、過去問を行い復習をする

これだけでかなりの価値があると思います。

しかし、さらに分析をおこなったり

後から見やすい形にしたりすることで

より多くの価値のある学習になると思います。

 

①解く大学、年度、科目、所要時間などを書く

②問題を解く

③復習をする

④分析シートを書く

この手順が良いと思います。

時間に余裕があるときは、制限時間が過ぎても解ききるまで

問題に向き合うようにしていました。

その方があと何分縮めなければいけない

ということがよくわかると思います。

一つ一つの貴重な過去問を惜しみなく活用し、自分の糧にしていきましょう!

9月1日からは単元ジャンル演習が開講予定です。過去問10年分を終わらせて

次のステップに進めるように頑張りましょう!

以上堀江でした。