長時間集中するための秘策について | 東進ハイスクール 豊洲校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 3月 26日 長時間集中するための秘策について

こんにちは!

担任助手の吉野です!

3月も残すところあと5日になりました。

豊洲校での春休み期間も残り2週間ほどとなりました。

春休み期間は、校舎は8;30~開いており、

朝登校しよう!!と沢山言われていると思いますが、

実際に行動に移せている生徒はかなり少ないです、、。

学力を高め、点数に繋げていくためには、

学習の質ももちろん重要ですが、

そもそもの量が伴っていないといくら質にこだわったところで

点数の伸びはそれほどついてこないように感じます。

膨大な範囲が試験の出題範囲となる大学入試を突破していくためには、

それら全てのインプットを終え、演習を通して定着をさせ、

さらには過去問演習をしていく必要があります。

まずは一日の学習量を最大化し、十分な学習量を確保することから始めてみましょう!!

ただ、いざ長時間学習をしてみても、

なかなか集中力が持たないなど

問題が生じてくると思います。

そこで、今回は長時間集中するための秘策について書きたいと思います。

まずは、短い時間でもいいので、制限時間をつけて勉強してみましょう。

最初は15分、30分とかで始めていき、徐々に時間を増やしていきましょう。

終わりの時間を設定することで集中力がぐんと増します。

徐々に時間を増やすことで、自然と長時間集中力を保つことができるようになります。

また、疲れたら適度に休憩を入れることも大切です。

長時間勉強も一定の学習量を確保するためには必要ですが、

長すぎても演習の効率が下がってしまうので、

自分の限界を知り、適度に休憩をはさみましょう!

春休み期間も折り返しです!

この春休みをラストチャンスだと思って、

朝登校、長時間学習を頑張りましょう!!

以上、吉野でした!

 

 

過去の記事