ブログ

2020年 7月 13日 

こんにちは!

担任助手の椎名です!

今日はいつもより少し寒かったですね。

明日も雨が降るみたいなので

傘を忘れずにしてくださいね。

 

今日は、

アウトプット

のお話をしたいと思います。

インプットとアウトプット。

これはセットのように言われていますが、

意外とインプットだけで

終わってしまっている人も

多いのではないでしょうか。

でも実際試験で必要なのは

アウトプットですよね?

もちろんインプットできていない知識は

アウトプットできないので、

まずは入れることも大切です。

東進では週に一回グループミーティング

というものを行い、

週間の予定を立てているのですが、

その際に

単語テストをやってみてと言って

生徒に解いてもらいました。

そのテストは

生徒が使っている単語帳から

50問出しました。

結果は、、、

生徒5人の平均点 23点!!!

 

生徒もショックを受けていました。

自分が使っている単語帳なのに、

半分も取れない

ということが判明したんです。

この点数にも危機感を感じると思いますが、

それよりもっと怖いことは

このような場合、

多くの人がテストを受ける前は

「だってこれ毎日やっているし」

「新学年になってからずっとやっているし」

「もうここまで進めているし」

などのように思っていたのです。

そこでテストをして初めて

「あ、書こうと思ったら全然できないんだ」

と知るのです。

このようにインプットできている知識も

アウトプットして

初めて自分のものになります。

アウトプットも意外と

練習しないとできないんです。

今皆さんは両方やることが大切だと

わかってくれたのではないでしょうか。

だからこそ、

普段から両方できるような勉強をしてほしいです!

どちらもできるようになれば

最強です!!!

ぜひ、みなさん頑張ってください。

以上、椎名でした。