3.5回センター模試について 関谷編 | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2016年 8月 4日 3.5回センター模試について 関谷編

お久しぶりです。最近はもう暑い日が続きますね。

合宿を終えて、疲労が残っている人もいると思いますが、体調には常に気を付けてください!!

万全の体調で試験に臨むこともまた、勉強することとおなじくらい重要なことです。

これからは東進だけでなく、外部での模試も多くなってくるので、一つ一つの模試にしっかりと標準を合わせていきましょう!!

さて、今回みなさんに伝えたいのが、第3.5回センター本番レベル模試です。

なぜ、第4回と3回の間にこの3.5回を入れるのかというとそれは夏休み中にセンターを固めることがとても重要だからです。

また、夏休み以降はみなさん、過去問を解くことになりますが、センターが8割いっていない場合、ほとんどの内容を解くことが出来ないと

思います。センターは基礎力というのは何回も聞いていると思いますが、実際に自分で過去問を解いてみれば、分かると思います。

過去問を解く前に、この夏休み少しでも基礎力が身に付き、センターで点数が取れるように努力しましょう!!

3.5回のセンタ―本番レベル模試で8割に達することが出来れば、そこからあとは9月以降の過去問の対策を早くから進めることもできま

すし、さらに解かないにしても過去問の分析をし、自分がなんの勉強をすればいいかも考えることが出来ます。

自分が次のステップに進むためにもとても重要なイベントなので、第4回の前に、まず第3.5回で8割に達することができるように死ぬ気

で勉強しましょう!!

以上、関谷でした。

最新記事一覧

過去の記事