コーチングタイムの重要性 | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2021年 6月 24日 コーチングタイムの重要性

こんにちは!

担任助手の吉野です。

皆さんは、コーチングタイムをしっかりと活用していますか?

受験生は登下校時、

低学年は10~15分で面談形式で行っているものです。

校舎に来る際、毎回行うものですが、

意外と、”なぜコーチングタイムが重要なのか”

あまりわかっていない人も多いのではないでしょうか?

コーチングタイムを行う最大の目的は、

①受講が予定通りできているか確認することや、

➁その日一日でやるべきことを明確化することです。

特に受験生は、六月末を受講終了の目標にしているため、

一日受講が遅れるだけで、

後で遅れた分を取り返すことが困難になってしまいます。

また、低学年の皆さんも、

学校や部活動等で忙しい中で、

校舎に来る日にいかに効率よく勉強できるか

重要になってきます。

校舎に来てすぐに、

担任助手と受講のペース確認や

その日にやるべきことを明確化することができると、

校舎に来てからの勉強がはるかに効率的になりますよね?

今までコーチングタイムをいい加減にやっていた人も、

今一度コーチングタイムの重要性を考え、

有効活用してほしいと思います!

以上、吉野でした!