校舎の様子 | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール豊洲校 校舎長 大室 祐介

東進ハイスクール豊洲校校舎長の大室祐介と申します。私は校舎長として将来の日本を引っ張っていく人財の育成を使命と捉え、日々指導にあたっております。「独立自尊の社会・世界に貢献する人財の育成」という教育理念の下、まずは豊洲校に関わる生徒・スタッフ全員が成長し続ける環境を構築する事が責務と考えます。第一志望校合格を目的化するのではなく、大学受験を人生の転機とするよう、心の指導も併せて実行致します。自ら求め、考え、行動することのできる自立した人財となるよう、最初の一歩を一緒に踏み出しましょう。皆様のご来校を心よりお待ち申し上げます。

皆さんは何のために大学に行きますか?大学受験は①目標設定②現状認識③ギャップをうめる学習計画④やり抜く強い目的意識の4要素でできています。皆さんはどれができあがっていますか?また、どれが足りていないですか?①目標は模試のマークシートに書きますし②現状は成績帳票を見れば分かります。③計画は模試を元に一緒に設定していきます。一番大切なのは④想いの部分です。

校舎の様子

担任助手の紹介

谷口 璃青 くん 慶應義塾大学 理工学部
白鷗高校 卒 囲碁将棋部 東進ハイスクール豊洲校 OB
谷口 璃青 くん 慶應義塾大学 理工学部
担任助手として一言
受験勉強で大切なのは自分の取った点数としっかり向き合うことです。良い結果が得られなかった時は必ず原因があります。ケアレスミスをしてしまったなら計算力や注意力、体調が悪かったなら体調管理、勉強していても点数が伸びないなら勉強法、問題は絶対に存在します。たまたま調子が悪かった、次は多分できると過信しないでください。しかし逆をいえばその問題を解決していけば良いのです。だから今どんなに成績で悩んでいても諦めないでください。どうすれば前回より良い結果になるか考え、解決策が見つからなかったら周りの人に相談しましょう。そのために私たち担任助手がいます。これから志望校合格に向けて一緒に駆け抜けて行きましょう!
田川 桃花 さん 学習院大学 経済学部
大妻高校 卒 軽音楽部 東進ハイスクール豊洲校 OG
田川 桃花 さん 学習院大学 経済学部
担任助手として一言
受験生活を振り返ると辛いことももちろんありましたが、校舎に行くたびに声をかけ励ましてくれる担任助手、同じ目標を持った友達やいつも見守ってくれた両親のおかげでやりきることができたと思います。一生懸命努力をして目標を達成できることへの喜び、成績が伸びなかったことへの悔しさ、学習方法の悩みなど 受験生活を通して様々な思いを経験することになりますが、そのような感情を生徒のみなさんと一緒に共有し、受験勉強のサポートをしていきたいと思っています。私たちも全力で応援しますので、一緒に頑張っていきましょう!
張 徳子 さん 明治薬科大学 薬学部
東京女学館高校 卒 合唱部 東進ハイスクール豊洲校 OG
張 徳子 さん 明治薬科大学 薬学部
担任助手として一言
受験勉強をする上で大切なことはなんでしょうか。もちろん第一志望に受かることはとても大切ですが、私は受験が終わった後に「やり切った!」と思えるくらい勉強することも同じくらい大切だと思います。受験勉強をする中では辛いことも嬉しいこともたくさんあります。嬉しい時には一緒に喜んで辛い時には一緒に解決策を考えるお手伝いをしていきたいです。みなさんの受験生生活が良いものになるように全力でサポートしていくので、よろしくお願いします。

→もっと見る

椎名 璃音 さん 立教大学 社会学部
小山台高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール豊洲校 OG
椎名 璃音 さん 立教大学 社会学部
担任助手として一言
受験勉強は簡単なものではないし、楽なものでも無いと思います。しかし自分で決めたことに対して一生懸命に努力することに時間を使えるということは幸せなことだと思います。得意な教科をどのように伸ばしたら良いか、苦手な教科をどのように克服したらいいか、これを考えて計画を立てて実践して、反省して、次に生かす。これらを確立することでできることが増えて、勉強が楽しくなってくるはずです!サポートできることはなんでもするので、みなさんも頑張っていきましょう!!1年間よろしくお願いします。
湊 琉晟 くん 明治学院大学 法学部
成城高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール豊洲校 OB
湊 琉晟 くん 明治学院大学 法学部
担任助手として一言
受験勉強で忍耐力をつけること、切り替えの大切さを学ぶことができました。勉強は大抵の人が辛いものだと思うので、明るくみんなで受験を乗り越えられるような校舎の雰囲気を作っていきたいです!苦手科目の克服の仕方などでアドバイスできる部分が多いと思うのでいつでも質問しに来てください。気楽に相談できる、そんな担任助手になりたいです‼ 一緒に頑張っていきましょう。
滝本 南帆 さん 日本大学 文理学部
桜丘高校 卒 東進ハイスクール豊洲校 OG
滝本 南帆 さん 日本大学 文理学部
担任助手として一言
私の受験生活を振り返ってみると苦しかった事、後悔している事がたくさんあります。ですが、得られたものもたくさんあります。受験生の時は考える余裕はありませんでしたが、多くの人が悩むこの時期は人として大きく成長出来る大事な時期でもあると思います。是非今はたくさん悩んでください。目の前のことを必死に追いかけていれば必ず道は開けるはずです。私も全力でサポートするので一緒に頑張っていきましょう!
互井 敢太 くん 東京農業大学 国際食料情報学部
世田谷学園高校 卒 水泳部 東進ハイスクール豊洲校 OB
互井 敢太 くん 東京農業大学 国際食料情報学部
担任助手として一言
受験勉強で一番自分の支え、モチベーションとなるのは自分の将来の「夢」です。受験勉強は長く、辛い戦いなのでいつかは挫折を強いられる時もあるでしょう。でも自分の将来に直結する可能性が非常に高いものが大学受験もいうものです。そこで挫折せずに立ち上がれる人というのが、受験戦争で勝利する人たちです。そして、そのための糧になるものが「夢」なのであると私は考えています。なので、我々担任助手の利用方法は、わからない問題を教えてもらうことだけではないと思います。自分が躓きそうになったときには心の支えになってもらったり、夢をどうやってみつけたのか聞いてみて参考にしてみたり。私たち担任助手を使ったり、頼ったりする方法は山ほどあります。是非、私たちを有効活用して第一志望合格を勝ち取ってください!一緒に頑張っていきましょう!
太田 陽菜 さん 立教大学 観光学部
両国高校 卒 テニス部 東進ハイスクール豊洲校 OG
太田 陽菜 さん 立教大学 観光学部
担任助手として一言
私は今まで一番頑張った期間が受験期間だと思っています。確かに、辛くて苦しいことやなかなか結果が出ずに落ち込むこともありましたが、やりきった時の達成感はもう二度と体験できないのではないかと思うくらいのものでした。皆さんの受験生活が悔いの残らないものになるように全力でサポートするので、一緒に頑張っていきましょう!!
中川 雄太 くん 慶應義塾大学 経済学部
巣鴨高校 卒 バレーボール部 東進ハイスクール豊洲校 OB
中川 雄太 くん 慶應義塾大学 経済学部
担任助手として一言
私が受験から学んだことは2つあります。1つ目は慢心や妥協は失敗に繋がるということです。特に慢心は無意識のうちに生じます。常に謙虚さを持ちつつ客観的に自分を分析することを意識すると良いかもしれません。2つ目は何事も早いうちから始めるべきだということです。受験に明確なスタートは存在せず、早期に開始することで地頭の良い人にも何とか付いていける可能性もあります。上記の2つは受験に限ることではないと思います。皆さんの参考になれば幸いです。共に頑張っていきましょう。
野中 陸生 くん 東京電機大学 工学部
獨協高校 卒 バレーボール部 東進ハイスクール豊洲校 OB
野中 陸生 くん 東京電機大学 工学部
担任助手として一言
自分自身、受験勉強をしていて辛くなったときなどに互いに競い合える仲間や励ましてくれる担任助手の存在がなかったら最後まで頑張れなかったと思います。また受験勉強を全力で努力した経験は人生の糧となり、自信に繋がっていくと思います。生徒の皆さんが受験生活を乗り越えて自分の行きたい大学に進学できるよう全力でサポートしますので、一緒に頑張りましょう!!
松本 菜幸 さん 慶應義塾大学 法学部
渋谷教育学園渋谷高校 卒 水槽学部 東進ハイスクール豊洲校 OG
松本 菜幸 さん 慶應義塾大学 法学部
担任助手として一言
気が付いたら豊洲校にお世話になって5年目です。どうして私が、こんなにも長くこの場所に居たいと思うのか。それはこの4年間、いつも側には、一緒に目標に向かって頑張ってくれる仲間がいたからです。努力は1人でもできますが、仲間と切磋琢磨することは、自分が更なる成長をするチャンスになります。生徒1人1人にとって豊洲校が、仲間と精一杯の努力をすることができた人生の原点・母校と思えるような校舎となるようにしていきたいと思っています!担任助手としてなんでも相談に乗るので、一緒に受験勉強を乗り越えていきましょう。
喜古 真考 くん 早稲田大学 社会科学部
青陵高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール豊洲校 OB
喜古 真考 くん 早稲田大学 社会科学部
担任助手として一言
受験は多くの人にとって長く険しい道のりでしょう。しかし、そのぶん受験を経てからの成長も大きいのです。時には、一人では乗り越えることのできない問題に悩まされることもあるかもしれません。そんなときは、豊洲校の仲間や担任助手を頼ってみてください!なぜなら、一緒に悩み立ち向かってくれる、そんな人がこの豊洲校にはたくさんいるからです。私たちは全力で皆さんのサポートを致します。あなたも東進でぜひ第一志望校を掴み取りましょう!
熊木 拳太 くん 専修大学 商学部
かえつ有明高校 卒 水泳部 東進ハイスクール豊洲校 OB
熊木 拳太 くん 専修大学 商学部
担任助手として一言
皆さん受験勉強は辛いものです。しかし受験勉強を乗り越えると言うことは受験勉強をやりきったこと以上に得られるものがあります。例えば親への感謝や、自分自信の限界を超えることがあります。このように受験勉強を本気で乗り越えたら色々得られます。しかし受験勉強を本気でやらないとこれらの事は得られません。常に本気でやり、親への感謝を忘れずに頑張っていきましょう!
熊 宇志 くん 東京理科大学 理工学部部
本郷高校 卒 卓球部 東進ハイスクール豊洲校 OB
熊 宇志 くん 東京理科大学 理工学部
担任助手として一言
皆さんは、大学受験と聞いて何を思いますか?苦しそう?やりたくない?確かに、受験勉強を通して大変なこともありました。しかし、新しい知識を得たり、昨日解けなかった問題が解けるようになったりすることは、とても楽しく嬉しいことです。大学受験では、今までにないくらい熱心に勉強することになり、その分、楽しさや喜びをより一層感じることができます。我々は、そういった努力する受験生と喜びや苦しみを共有し、第一志望合格だけでなく、その先の人生にも影響を与えられるような指導をしていきたいと考えております。一緒に努力し、成長していきましょう!

校舎イベント紹介

生徒説明会

生徒説明会

豊洲校では数ヶ月に1回、生徒説明会を実施し、この時期にやっておかなければならないことや今後の学習スケジュールについて確認を行います。受験勉強は長い戦いですので、漠然と学習するのではなく定期的に模試の結果などから中間目標を定めて具体的な学習計画を立てることが重要です。生徒説明会では一貫して第一志望に合格するために何をすればいいのかを伝えますので、東進生は今何をするべきか具体的にイメージすることができ、自ら進んで受験勉強に取り組んでいくことが可能になります。

生徒説明会

特別公開授業

一流講師を多数擁する予備校・東進。講師たちの上質な授業をより多くの受験生に届けるため、東進では普段はt-PODによる授業を展開していますが、講師の生の迫力も生徒の皆さんに味わっていただくべく、定期的に一流講師を校舎に招いて「特別公開授業」を実施しています。先生の分かりやすい授業を生で体験できるだけでなく、受験の心得やめったに聞けない一流講師の過去の体験談を聞くこともできる刺激的なイベントです。特別公開授業に参加すれば、受験勉強に対するモチベーションが上がることは間違いありません。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。