校舎の様子 | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール豊洲校 校舎長 角 岳暁

東進ハイスクール豊洲校 校舎責任者の 角 岳暁(すみ たけあき)です。皆さんは何のために大学に行きますか?大学受験は①目標設定②現状認識③ギャップをうめる学習計画④やり抜く強い目的意識の4要素でできています。皆さんはどれができあがっていますか?また、どれが足りていないですか?①目標は模試のマークシートに書きますし②現状は成績帳票を見れば分かります。③計画は模試を元に一緒に設定していきます。一番大切なのは④想いの部分です。大学受験は多くの人にとって今までの人生最大の壁だと思います。自分のありたい理想と現実の差に挫け、諦めてしまいたくなることもあるかもしれません。努力すればするほど、その差を強く意識することでしょう。そこで絶対に原点に戻るはずです。皆さんはなんのために大学に行きますか?東進ハイスクールでは「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」を教育理念として掲げ、日々生徒指導にあたっています。大学受験という一つの目標に向けてがむしゃらに努力していく中で、多くの成長があります。豊洲校は誰よりも努力する校舎です。そのために、厳しいけれども愛情をもった強い指導をしていきたいと考えています。一人ひとりの努力の天井を高め、第一志望合格、ひいてはどんな時代でも生き抜く強い力を育てて参ります。豊洲校で一緒に頑張りましょう!

東進ハイスクール豊洲校 校舎責任者の 角 岳暁(すみ たけあき)です。皆さんは何のために大学に行きますか?大学受験は①目標設定②現状認識③ギャップをうめる学習計画④やり抜く強い目的意識の4要素でできています。皆さんはどれができあがっていますか?また、どれが足りていないですか?①目標は模試のマークシートに書きますし②現状は成績帳票を見れば分かります。③計画は模試を元に一緒に設定していきます。一番大切なのは④想いの部分です。

校舎の様子

担任助手の紹介

遠藤 舜也 くん 慶應義塾大学 商学部
私立本郷高等学校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール豊洲校 OB
遠藤 舜也 くん 慶應義塾大学 商学部
担任助手として一言
受験勉強は確かに大変なことも多いですが、やらされている勉強では成績の伸びに限界がありますし、何より楽しくありません。「自立」して受験勉強をしていくことで、自分を分析する力や、計画を立てて実行する力が同時に身に付きます。この点で、僕は大学受験をして大きく成長することができました。皆さんの大学受験がより価値あるものになるよう、私達が全力でサポートしていきます。どうぞ宜しくお願いします。
後藤 栞 さん 明治大学 文学部
東京都立白鴎高等学校 卒 和太鼓部 東進ハイスクール豊洲校 OG
後藤 栞 さん 明治大学 文学部
担任助手として一言
受験勉強を振り返ると、大変なことも多かったけれど、励ましてくれる担任助手や友達の存在のおかげで1年間頑張り続けることができました。今までの人生の中で1番努力できたと思います。受験というと、辛い、大変といったイメージが大きいかと思いますが、努力した分、結果も出るので楽しい面もあります。辛い中で努力し続けた経験は、これからの人生への自信にもなると思います。私も全力でサポートするので、皆さんも1年間全力で頑張りましょう!
呉 至誠 くん 東京海洋大学 海洋工学部
私立獨協高等学校 卒 写真部 東進ハイスクール豊洲校 OB
呉 至誠 くん 東京海洋大学 海洋工学部
担任助手として一言
突然ですが、皆さんは何のために受験することに決めましたか?将来やりたい事があるから、親に言われたから、みんな大学受験をしているから・・・等、始める理由は人それぞれですが、なんとなく受験を始める人もいるのではないでしょうか。実際私も最初はそうでした。ですが自分なりの目標を見つけて、それに向かって全力で努力することに受験の意味があると思います。私は航海士になりたいという夢が決まり、3年の5月に文系から理系に理転しました。目標を決める所から受験はもう始まっています。私たちは全力でそのお手伝いをさせていただきますのでよろしくお願いします。

→もっと見る

橋本 直哉 くん 慶應義塾大学 商学部
私立芝高等学校 卒 陸上部 東進ハイスクール豊洲校 OB
橋本 直哉 くん 慶應義塾大学 商学部
担任助手として一言
受験勉強には3つの坂があります。成績がぐんぐん伸びる上り坂、逆に成績が落ち込んでしまう下り坂、そして最後は「まさか」です。大学受験とは不思議なもので確実に受かる大学でも不合格だったり、逆に高望みした大学でも栄光を勝ち取ったりするものです。東進には逆転合格を可能にする教材や切磋琢磨できる仲間に満ち溢れています。あなたも私たちと逆転合格する「まさか」を味わってみませんか?
岩井 紳太郎 くん 慶應大学 経済学部
両国高校 卒 野球部 東進ハイスクール豊洲校 OB
担任助手として一言
受験は辛いものだと思っている人が大半だと思いますが、その受験に一人で立ち向かうのはもっと大変なことです。豊洲校には個性豊かで明るく親しみやすい仲間や担任助手が多くいます。そんな仲間達と一緒に受験勉強を楽しいものにしませんか?私達は全力で皆さんのサポートを致します。あなたも東進でぜひ第一志望校合格を掴み取りましょう!
佐々木 健人 くん 早稲田大学 人間科学部
高輪学園高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール豊洲校 OB
担任助手として一言
私が皆さんにお伝えしたいことは「努力は必ずしも報われるとは限らないけれど、成功した人は必ず、一生懸命努力している」ということです。このことを受験勉強をしていくにあたって、是非、こころに留めておいて欲しいと思っています。成績が伸びなくて悩むことだってあると思います。志望校に合格を諦めかけてしまうことだってあると思います。ですが、そこで止まってしまうような人にはなって欲しくないです。原因を見つけて、勉強方法を見直す。そうしてまた、努力できるような人になって欲しいです。努力の大切さ、楽しさを知って「努力の天才」になりましょう。そして最後に笑いましょう!
熊 宇志 くん 東京理科大学 理工学部 建築学科
私立本郷高等学校 卒 卓球部 東進ハイスクール豊洲校 OB
熊 宇志 くん 東京理科大学 理工学部 建築学科
担任助手として一言
皆さんは、大学受験と聞いて何を思いますか?苦しそう?やりたくない?確かに、受験勉強を通して大変なこともありました。しかし、新しい知識を得たり、昨日解けなかった問題が解けるようになったりすることは、とても楽しく嬉しいことです。大学受験では、今までにないくらい熱心に勉強することになり、その分、楽しさや喜びをより一層感じることができます。我々は、そういった努力する受験生と喜びや苦しみを共有し、第一志望合格だけでなく、その先の人生にも影響を与えられるような指導をしていきたいと考えております。一緒に努力し、成長していきましょう!
堀川 桜子 さん 芝浦工業大学 デザイン工学科
テニス部 東進ハイスクール豊洲校 OG
堀川 桜子 さん 芝浦工業大学 デザイン工学科
担任助手として一言
私は受験勉強を始めるにあたって、自分のできることは全てやりきったと、自信をもって終われるように努力しようと決めて臨みました。受験勉強を始めてみると、多くの壁に直面し不安でいっぱいになることもありました。でもそんな時に私を奮い立たせてくれたのは親や学校の先生方、豊洲校の担任助手の方々の励ましの言葉や、必死で勉強する仲間たちの姿でした。そして受験を通して自分でも想像していなかったくらい努力することができました。皆さんにもお互いに刺激し、高めあい、共に頑張っていける存在になってほしいです。そのために私たちも全力で応援します!よろしくお願いします。
森田 悠紀 さん 昭和女子大学 グローバルビジネス学部
吹奏楽部 東進ハイスクール豊洲校 OG
森田 悠紀 さん 昭和女子大学 グローバルビジネス学部
担任助手として一言
高2まで部活にのめり込んで全く勉強していなかった私が去年の4/1に豊洲校に入学してからの約1年間めげずに勉強を続けられたのは担任助手の方やグループの仲間のおかげです。担任助手の方の励ましに背中を押され、東進の仲間から刺激を受け、大変なときでも前向きに走り抜きました!受験が終わった時に、やり切った!!と心から思えるような充実した1年を送れるように、私たちも全力でサポートします!よろしくお願いします。
高橋 実央 さん 東京理科大学 薬学部
青稜高校 卒 東進ハイスクール豊洲校 OG
担任助手として一言
受験期を振り返ると、辛いこともありましたが、それ以上に得たものが大きかったように思います。今までの人生で最も努力出来た。という経験は、大学生活においてもその先の人生でも大きな自信になります。また、東進には励ましあい、切磋琢磨できる友達がいたからこそ受験を乗り越えられたという経験も、東進で勉強しなければ得ることが出来ませんでした。皆さんも豊洲校で一緒に頑張りませんか?第一志望校を目指して最高の思い出を作りましょう!!
関谷 尚希 くん 明治大学 文学部
かえつ有明高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール豊洲校 OB
担任助手として一言
皆さんは仲間の大切さに気づけていますか?部活動で考えてみてください。自分一人で頑張れていますか?周りの人に影響されているから頑張れていると思いませんか?受験勉強も同じことです。仲間にやる気をもらい、刺激され、高め合っていく。そういう意味では、僕はサッカーも受験勉強も一所懸命取り組んできて良かったと思います。皆さんも仲間と一緒に何かに取り組むことの長所を考えてみてください。そうすることで、更なる高みを達成することが出来ると思います。一緒に頑張りましょう!
岡本 祐弥 くん 法政大学 文学部
足立学園高校 卒 テニス部 東進ハイスクール豊洲校 OB
担任助手として一言
私が担任助手になった理由は、生徒時代にお世話になった担任助手に憧れていたこともありますが、受験を通しての成功談や失敗談を後輩の皆さんにも伝えていきたいと思ったからです。受験勉強は確かに簡単なものではありません。でもその困難の中にいたからこそ味わえる喜びや仲間との友情がありました。生徒の皆さんにも、是非、受験勉強の楽しさを見つけて頑張って欲しいです。宜しくお願いします。

校舎イベント紹介

生徒説明会

生徒説明会

豊洲校では数ヶ月に1回、生徒説明会を実施し、この時期にやっておかなければならないことや今後の学習スケジュールについて確認を行います。受験勉強は長い戦いですので、漠然と学習するのではなく定期的に模試の結果などから中間目標を定めて具体的な学習計画を立てることが重要です。生徒説明会では一貫して第一志望に合格するために何をすればいいのかを伝えますので、東進生は今何をするべきか具体的にイメージすることができ、自ら進んで受験勉強に取り組んでいくことが可能になります。

生徒説明会

特別公開授業

一流講師を多数擁する予備校・東進。講師たちの上質な授業をより多くの受験生に届けるため、東進では普段はt-PODによる授業を展開していますが、講師の生の迫力も生徒の皆さんに味わっていただくべく、定期的に一流講師を校舎に招いて「特別公開授業」を実施しています。先生の分かりやすい授業を生で体験できるだけでなく、受験の心得やめったに聞けない一流講師の過去の体験談を聞くこともできる刺激的なイベントです。特別公開授業に参加すれば、受験勉強に対するモチベーションが上がることは間違いありません。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。