模試について   | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2019年 6月 13日 模試について  

久しぶりにブログを書くことになりブログ内容の勝手が分からないので、

とりあえず模試について書きたいと思います(笑)

模試について書くことと言えば復習について、くらいでしょうか。

僕は高3になってから模試の復習に本格的に取り掛かった身だったので

最初は復習の仕方が分かりませんでした。

勉強のできる人に聞いてみても

「ゑ?今回の模試の復習なんて

30分もありゃ終わるんだから何も教えることないよ(笑)」

と煽られる始末。

そこで僕は志望校の合格体験記を参考にしながら

以下の3つの方法を取ってみました。

① 分からなかった問題の解説をノートに写し、

大事な所は赤シートで隠せるように赤ペンで書く

メリット:ノートを見直すことで

自分が間違えた点を何回も復習できるので、内容が定着する。

デメリット:時間がかかる。

② 軽く見直した一週間後にもう一度同じ時間でテストを解いてみる

メリット:同じ問題を解くため

まぐれで正解していた問題や間違えた問題の思考プロセスを再現しやすい。

デメリット:解法の思考プロセスを再現するのではなく、

解法を覚えていることによって解けた気になってしまうことがある。

③ 間違えた問題については解説を読んで終わらせるだけでなく、

その部分が解説されている参考書を読むor問題集を解く

メリット:記憶に残りやすく、

解法の一般化がしやすいので、知識の汎用性が高くなる。

デメリット:当該箇所や類題を探す手間がかかる。

とまあこんな感じでしょうか。

他にも色々と実践したことがあったかもしれませんが、

大きく分けるとこの3つに包含されるのかなと思います。

何にせよ勉強方法に関してどれが良い、

自分に合っているかは

自分で試してみるのが一番の近道です。

時間に余裕のある人は

色々試行錯誤しながら頑張ってみてください!