夏明けの勉強について 喜古編 | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2018年 9月 10日 夏明けの勉強について 喜古編

こんにちは!

担任助手の喜古(きこ)です。

 

今回は、「夏明けの勉強」を

テーマに書いていきます。

 

夏休みが終わって、

一週間ほどが経ちますね…

みなさん、

勉強は順調に進んでいますか?

 

順調に進んでいる人はそのまま、

受験まで緩めずに

走りきってください!

 

しかし、全員が全員

順調に進んでいないことも事実。

いや、どちらかと言えば、

多くの受験生が集中しきれない

時期であると思う。

 

理由はたくさんあるが、

大きな原因の1つとして挙げられるのが、

燃え尽き症候群

ではないか。

これは、夏に頑張った人ほどなりやすい。

 

東進では、8月のセンター模試を

1つの大きな目標として、

受験生はその模試でよい成績をとろうと

必死に頑張ってきました。

 

そして、8月模試という

一大イベントが終わった今、

受験生は明確な目標

自分が頑張る理由

見失っている子が

多いのです。

 

だからこそ、この時期に

自分がなぜ勉強しているのか

頑張る理由は何であるのか

これを再認識することが

とても大切である

私は考えています。

この時期に

再認識することができれば、

あとは受験まで走りきるだけです

反対に、できなければ、

また秋以降にも

集中できなくなるときが

やってくるでしょう。

 

今、勉強にあまり集中できていない

受験生がいるならば、

この機会をチャンスととらえ、

もう一度自分を見つめ直すべきです!

それが受験の成功

ひいては、

自分の将来へと

つながっていくと思います!

 

以上、喜古でした。