腹が減っては勉強できぬ?? | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2019年 11月 5日 腹が減っては勉強できぬ??

こんにちは!

担任助手の喜古(きこ)です。

 

今日は、

勉強お腹の関係性

について書いていこうと思います。

 

突然ですがみなさん、

勉強してるとお腹空きますよね~。

それだけ集中して

カロリーを消費している証拠かも

しれませんが、

やっぱりお腹は空いてしまう。

 

そしてご飯を食べて、

「あぁ~お腹いっぱい

なんだか眠くなってきたな…」

こんな経験したことある人

多いんじゃないでしょうか?

 

空腹でも勉強できないし、

満腹だとなんだか眠くなる

 

結局、

集中して勉強に取り組むには

空腹

or

満腹

どっちのほうがいいの??

 

さあ、どっちだと思いますか?

 

正解は…

空腹

でした!!

 

知ってるよ”と思った方、さすがです。

なんで?”と思った方、解説します。

 

人が空腹状態にあるときは、

グレリン

というホルモンが分泌されます。

このグレリンの働きは、

“空腹だよー”と身体に教える

そして大事なのは2つ目、

記憶力を高める

 

そう、

なんと人間は空腹になると

記憶力が高まるんです!

人間すごっっ!!

 

反対に、

満腹になると睡眠を導入する

物質が分泌されてしまうらしいです。

 

ここまできたら明白ですね。

空腹は悪ではないのです!(笑)

これからは空腹が来たら、

記憶力が上がるチャンスタイム

と思ってください。(笑)

 

でも空腹は辛い…

そう思う人もいるでしょう。

そんな人は、

ご飯を食べることをモチベーションに変えて

頑張ってみませんか?

さすれば、質の高い勉強

できること間違いなしです!

 

空腹チャンスタイムですよ!

 

以上、喜古でした。