いよいよ私大入試も始まりました 椎名編 | 東進ハイスクール豊洲校|東京都

ブログ

2020年 1月 26日 いよいよ私大入試も始まりました 椎名編

こんにちは!

一年担任助手の椎名です!

センター試験が終わり

一週間が経ちました。

早い人だと今日、明日

私大の入試がある人もいると思います。

そこで、

私の受験の時に気を付けていたこと

感じたことなどを書いていきたいと思います!

①入試直前

前日は次の日の過去問を

解いて感覚をつかむ。

それぞれの大学によって

問題形式や試験時間なども

変わってきますね。

その問題に慣れておかないと

本番少し緊張した中で

パニックになったら

そこから持ち直すのはメンタル的に難しいので、

前日じゃなくてもいいにせよ

直前に一回は解くことを薦めします。

それから前日はしっかり寝ること。

寝る前には明日の電車の時間を調べること。

 

②入試当日‐1

まずは試験開始時間に余裕をもって

いけるように起きること。

電車の遅延なども

想定されるのでこれは絶対!

私大を何校も受ける方は

特に気を付けてほしいのが、

受験慣れしてきたときに遅刻しがちです。

私は遅刻はしてないですが、

慣れてきたときに

ぎりぎりの時間に着くことが増えてしまいました。

時間の余裕は心の余裕に繋がります!

 

②-2 受験が終わってからその日の夜

その日の入試が終わると、

一瞬解放感があると思います。

緊張感があるなかで

集中していたのだから当たり前です。

しかし!

「今日は疲れたから勉強しなくていいや」

なんて考えないでくださいね?

それを入試の日、毎日やっていたら…

わかりますよね。

私は私立文系なので

私立文系の人にしか

直接的に言えることはないのですが

社会科目は必ず復習を

その日のうちにすること!!

なぜなら

今後受ける他の入試で

同じ問題が出るかもしれないから。

年の傾向というのも

多少はあります。

 

もちろん解答は出るわけはないので

自分で調べて

答えに辿り着かなければなりません。

だからこそ

解いた時にチェックすることなど

工夫できるところはしていきましょう。

(もちろん時間に余裕があったら)

 

③受験を経て感じたこと

受験は気持ちも本当に大事。

なんとなく過去問解いた感じ受かるかな

ここは押さえだから

ここは挑戦校だから

得意科目の配点高いし。

こんな気持ちがあったら受かるものも受かりません。

必ず合格するんだ

という強い気持ちが本当に大切です。

私はここは合格できるだろうな

と思っていたところに落ちて

初めて受験の厳しさを知りました。

でもみなさんには

そうなってほしくないです。

自分の第一志望は

誰かにとっての押さえかもしれないし

自分の押さえは

誰かの第一志望かもしれません。

みんな本気勉強して、

本気で受かりたいと思って受験します。

だから、

絶対に気を抜かないこと。

でも自信を持って臨むこと。

あなたの頑張りを見ている人は必ずいます。

ここまでよく頑張りました。

私は絶対に合格する!

と気持ちを強く持って頑張ってきてください。

応援しています。

以上、椎名でした。